ゲス&ベッキーで始まった2016年。

師走ということばがあるように、12月はやはり何かが起きる。

 

今日は2つのビッグニュースが飛び込んできました。

 

・フライデーに2週連続で記事を載せられた成宮寛貴がその当日に引退を発表。

・韓国では弾劾案可決を受けて、朴槿恵(パク・クネ)大統領が引退に追い込まれる。

 

とはいえ、おとなりの国の実情や政情は、おとなりの国なりのモラルなり考え方があるのだろうし、儒教含め深く知らないので触れません。

 

実際に薬をやっていたかどうかは、おいおい出てくるんだろうけれど、もし本当に、完全にシロだったとしたら、法的措置どうこう以前に、フライデーはもう終わり。

韓国で毎週デモが起きたように、さすがにフライデーも追い込まれることでしょう。

 

どちらにしてもまあ購入したことはないけれど、センテンススプリング含め。

 

見出しで買わせる手法が平成何年まで続くのかは知らないけど、中身がうすっぺらすぎるのと、他人の不倫やクスリがどうの、とかをハイエナみたく追いまわすひまがあったら、もうちょい生きててやりがいのある仕事すればいいのに?とは思う。

 

別に職業べっ視というわけじゃないけれど、こんな仕事、よくやってられるなとは思う。

金のためとも思えない。

社会正義のためとも思えない。

一マスコミとしての使命感とも思えない。

 

とはいえ、長続きしてるってことは購入している人がいるってことだから、需要はあるのか。

 

いずれにしても、芸能人とはいえ一個人のプライバシーが根掘り葉掘り暴露される国ってのも住みづらいよね。

いっそ、芸能界どころか国ごと引退してほかの国で暮らしたほうが楽しいのではないかとさえ思ってしまう。