Office 2016 はどれを買うべき?新しい購入形態の比較

Officeの最新バージョン「Office 2016」の提供が開始されました。大きく分けると、下記の3つの形態で提供されています。これらの形態の違いについて詳しく整理してみましょう。
● Office 2016(パッケージ版)
● Office 365 Solo
● Office Premium

Office 2013とOffice 2016は同時に利用できません。Excel 2016などの単体製品も同様です。2016バージョンをインストールすると、2013バージョンがアンインストールされるのでご注意ください。両バージョンが共存できるケースもあるようですが、あくまで「移行期間の手段」であり、「技術的な問題が発生する可能性もある」として推奨されていません。

Officeのエディションを間違って購入(Office Home & Business 2016 for MACの再購入)

Office2016がリリースされたため、Office Home & Businessを購入しました。

しかし、Office for MACバージョンを購入するはずが、 普通のOffice Home & Business 2016を間違って購入!

Office Home & Business 2016は対応OS毎にエディションの違いがあり、マイクロソフトストアで購入した際に、「Office Home & Business 2016 for MAC」を購入しなければならないとことを、「Office Home & Business 2016」を購入してしまいました。
そして、このOfficeはWindows PCのみインストール可能・・・MACじゃ使えません。。

マイクロソフトストアで購入していたおかげか、返金・fot MACの再購入はできたわけですが、どうやら返金はサポートセンターの電話窓口でしか受け付けてないようなので少し手間でした。

忘備録兼ねてメモ。僕と同じく間違えてOffceを購入してしまった人もいるだろうし。

Microsoft Office 2016 Academic 購入方法・価格まとめ

Office 2016 Personalや、Office 2016 Professionalなど、通常版のOffice製品は店頭での購入のほか、オンラインのMicrosoft Storeでも購入できます。

しかしながらMicrosoft StoreにはAcademic版の販売ページがありません。
実際にOffice 2016の販売ページを見てみてもAcademic版はどこにも書いておらず、購入できないことがわかります。

Microsoft Office 2016 Academic版の購入を検討されている方向けに、購入方法・価格・インストール方法をまとめました。

先日私自身も購入したので、自身の体験をもとに情報をお伝えします。
Academic版は学生、教職員、教育機関の方向けですので、購入時には在籍を証明する書類をレジで提示する必要があります。

学生の場合は学生証などを提示すれば問題ありません。

店頭で購入する方法は以上です。
私自身、非常に簡単に購入できました。