さっくりと紹介。

「エモい」の「エモ」は"Emotional"(エモーショナル)に由来するそうで、だいたい音楽にまつわる、「感動」「懐かしさ」「寂しさ」など、言葉にしにくい、切なかったりポジティブな感情を表すそうです。

〔音楽などで〕接する人の心に、強く訴えかける働きを備えている様子だ。「彼女の新曲は何度聴いても━ね」

[引用元: 三省堂「今年の新語2016」]

「今年の新語」として紹介された選評によると、「エモい」は古典の「枕草子」に出てくる「あはれ」に近い表現なのだとか。
確かに、桜の舞い散る様子というのはエモさを感じますし、それを歌った曲なども、エモさをかもし出しますね。

エモさを感じた曲もどんどん紹介していきたいですね。コード進行だと大抵感覚のズレたものを出すので控えますが。